保育園からのお願い

上水保育園からのお願い

▼登降園時のお願い

  1. 子どもの生活リズムを大切に考えております。朝9時20分までに登園しましょう。
  2. 登降園は正門をご利用下さい。門には安全対策として電気錠がセットされています。施錠時に来園された時はインターホンで「○○組の◎◎のお迎えの△△です。」とお伝え下さい。解錠されましたら、正門内側上部のフックを外して中へ入り、門をきちんと閉めて下さい。尚、登降園の時間帯 (1)7時15分~9時40分 (2)16時10分~18時30分 は解錠していますので、そのままお入り下さい。
  3. 園庭裏門は職員の通用口となっております。園児の登降園はご遠慮下さい。
  4. お休みをする時は、朝8時30分から9時20分の間に必ずご連絡下さい。(TEL:03-3333-8626 FAX:03-3333-2801)また、あらかじめ分かっている場合は前日までに担任へお伝え下さい。
  5. 毎日の送迎はできるだけ保護者がして下さい。小学生の送迎は原則として禁止です。
  6. 駐車場がございませんので、乗用車での登園はご遠慮下さい。(路上駐車は、駐車違反となります)自転車をご利用の際は、通行される方の迷惑にならないよう、保育園側に寄せて駐輪して下さい。お子さんにはヘルメットを着用させて下さい。
  7. バギーを園に置いていかれる場合は、折りたたんで、新館玄関入口レリーフ前に順番に置いて下さい。尚、管理は自己責任でお願いします。
  8. 登園後にお迎えの方が替わる場合は連絡をお願いします。連絡のない場合、確認がとれるまでお子様をお引き渡しできない場合があります。
  9. 担任へ連絡がある場合は、口頭又は連絡帳(0・1・2歳児組)出席ノート(3・4・5歳児組)にメモを入れて下さい
  10. 金銭の徴収をする場合は必ず事前にその旨を連絡いたします。
    納金時は現金を封筒に入れ、クラス名、名前をはっきり記入し、出席ノートにはさむか(3・4・5歳児組)、又は担任に直接手渡しして下さい。
  11. 降園時は通常0・1・2歳児組は学年保育室で過ごしています。職員に声をかけ、降園時間記入表へお迎え時間を記入してお帰り下さい。3歳児組は5時まで、4・5歳児組は夕方まで園庭で過ごしています。(季節により時間は変更します)腕に黄色の当番札を付けた職員に声をかけ、降園時間記入表へお迎え時間を記入してお帰り下さい。
      尚、門の施錠時にお帰りの際は、門柱内側の解錠ボタンを押して門を開けて下さい。
  12. 衣服は着脱のしやすいもの、履き物は運動靴が適当です。
  13. 玩具や菓子などは持ってこないで下さい。
  14. 持ち物には全てはっきりと記名して下さい。譲り受けた物は名前を書き換えて下さい。
  15. 使用済みの紙おむつはご家庭での処分をお願いします。

▼ご家庭で協力してほしいこと

  1. 早寝早起きをしましょう。
    ★1日に必要な睡眠時間のめやす
     0歳児・・・14~16時間 
     1歳児・・・ 13時間 
     2~3歳児・・・12時間 
     4~5歳児・・・11時間
     
    このうち、夜の睡眠時間は1歳児~就学前(5歳児)までは10時間位必要です。夜8~9時就寝、朝6~7時起床が望ましいでしょう。規則正しい生活リズムの確立と十分な睡眠は、脳の発達と身体全体の成長を促し、情緒を安定させ、健康な身体を作ります。
     
    自分から目覚めることを自立起床といいますが、遅寝は成長ホルモンの分泌が少なくなる為、自立起床ができず食欲もでません。子どもを大人の就寝時間に合わせず、夜9時までには休ませましょう。
  2. 三度の食事を充実させましょう。
  3. 冷たい水で顔を洗いましょう。
  4. 歩くことを大切にしましょう。
  5. 登園前の排便を身につけさせましょう。
  6. 薄着で過ごしましょう。
  7. 飲み物はジュース類ではなく、白湯又はお茶にしましょう。
  8. テレビ等のメディア(※1)はルールを決めて上手に利用しましょう。
    メディア漬けの生活は親子が一緒に遊ぶ時間を奪い、言葉や心の発達を妨げます。テレビは親子で楽しみ、コミュニケーションが不足しないようにしましょう。日本小児科医会では下記の提言を呈示しています。

    (1)2歳までのテレビ・ビデオ視聴は控えましょう。
    (2)授乳中・食事中のテレビ・ビデオ視聴は止めましょう。
    (3)メディア接触時間を制限することが重要です。1日2時間までを目安と考えます。
    (4)子ども部屋にはテレビ・ビデオ・パソコンを置かないようにしましょう。
    (5)親子でメディアを上手に利用するルールをつくりましょう。

※1 メディアとはテレビ・ビデオ・テレビゲーム・携帯用ゲーム・インターネット・携帯電話など。